求人なら「就職採用面接時の基礎知識」へ!

面接時の基礎知識

今回は面接を受けるまでの一連の流れを見ながら、注意すべき部分を挙げていきます。
最初は面接を受ける前の段階です。まず面接を受ける2週間程前から、自分の考えをある程度まとめておきましょう。ここで気を付けることは出来るだけ自分の中でパターンを作らないことです。
自分の中でテンプレを作ってそれを完璧にしても、突然切り込んだ質問をされた時に素早い対応が出来るかというと、そう簡単にできるものではありません。そこで重要なのはいかに自分で自分を知るかということです。自分だけの何かを見つけ表現できると自然と自分に自信が出てきます。

身だしなみの大切さ

面接の時だけでなく初対面の人と会った時に一番大切なのは、第一印象です。人間は外界から得られる情報のうち、視覚からの情報が8割を占めると言われます。そのため身だしなみは非常に重要な評価ポイントとなります。
普段はだらしない恰好をしていて面接の時だけきっちりとしたスーツに身を包んでも、それは付け焼刃でしかありません。先にも述べたように、面接官はプロです。日常的に世間からどう見られているかを常に意識することで、面接のときには自然と美しい身だしなみが出来ます。
服装が整えば言動は自然とそれに見合ったものに変わります。

面接本番

最後に面接を実際に受ける時に注意することを挙げていきます。
なにより大切なのは自然な受け答えができ、質問に沿った返答を落ち着いてできるかどうかです。よりよい受け答えをする上でいかに適度な緊張を保ち、一番良いアピールをできるかが勝負になります。老若男女、年齢を問わず1人でも多くの人と日常的に会話をしている人ほど、自分を表現することが上手く、また相手の伝えたいこと理解できます。形式上の面接練習よりも普段から人と話す機会を増やしていくことが、なによりも効果的な面接練習になります。
全てに共通して言えることは、普段から面接を意識した生活を送ることが内定を勝ち取る一番の近道だと言うことです。小さな努力の積み重ねが大切なのです。

インテリジェンスの「an」
http://weban.jp/

このページのトップへ

Copyright(C) 就職採用面接時の基礎知識 All Rights Reserved.